千葉県立東庄県民の森

千葉県立東庄県民の森
ホーム お知らせ サイトマップ
 
ご案内…園内の施設を地図でご案内 イベント情報…いろいろな行事があるよ! ご予約…まずは予約の確認を! あんしんマップ…注意情報とバリアフリーのお知らせです 連絡先・交通…この森への行き方です リンク…他の森も見てね!
 

お知らせ

お知らせ≫
2020年
2019年≫
2018年≫
2017年≫
2016年≫
2015年≫
2014年≫
2013年≫
2012年≫
2011年≫
2010年≫

千葉県立東庄県民の森ブログ カルガモ雑記帳

森のアトリエ
〈東庄県民の森〉
ワークショップ

千葉県立東庄県民の森

2020年のお知らせ

2月16日(日)「しいたけの駒打ち体験」を行いました (2020/02/18)

当日、雨天ではありましたが、「ふるさと館」を使い皆さんに体験していただきました。
毎年恒例のイベントですが、とても人気があり、大人から子供まで参加できるのも魅力だと思います。
最近は原木が高騰し、年々参加費も高くせざるを得ない状況ではありますが、来年度も引き続き予定していますので、皆さんのご参加お待ちしています!

印をつけてあるので、穴あけに迷いません
しいたけの駒打ち体験

電動ドリルも慣れてくれば簡単
しいたけの駒打ち体験

小さな子供たちの出番♪
しいたけの駒打ち体験

トントン上手にできました♪
しいたけの駒打ち体験

 

2月11日(祝)「野鳥観察会」を開催しました (2020/02/18)

今年の野鳥観察会は、野鳥の会の会員やボーイスカウト、一般の方併せて50名近くの参加をいただきました。
毎年の講師は、野鳥の会の「富谷 健三」先生と「斎藤 敏一」先生です。

暖冬もあってか、なかには北に向かって帰り始めている白鳥も。
白鳥やカモ類などの水鳥を観察し、その後、数少なくなってきている野鳥も約15種類見ることができました。
観察後は、「ひがた八萬石」によるとても美味しい豚汁をいただきました♪

穏やかな観察日和
野鳥観察会

斎藤先生の話しは興味深い
野鳥観察会

 

1月26日(日)「そば打ち体験」を行いました (2020/01/27)

毎回大人気のそば打ち。
そば打ち道具の都合上、8組の募集でしたが、やはり申込みが多く、時間差で打てるように講師の先生にお願いし、追加8組合計16組の参加をいただきました。
講師は地元東庄在住の「石毛 一久」氏と「箕輪 浩」氏。
4組を1人で見るので、毎回わかりやすいと好評です!
来年度は、そば打ち体験の数を増やす予定です。お楽しみに♪

左は箕輪氏、右が石毛氏によるデモンストレーション
そば打ち体験

そば粉と割粉を混ぜ、徐々に水を加えます
そば打ち体験

こねていく作業。力がいるのでボクは椅子を使って
そば打ち体験

今度はそばを伸ばしていく作業
そば打ち体験

伸ばし終わったら、折りたたんで切って完成です!子供たち、頑張りましたよ♪
そば打ち体験

 

1月18日(土)「オブジェづくり」を行いました (2020/01/20)

この日はあいにくの雨で森の手入れはできず、スタッフが採取した在庫の蔓を使って、午前中にオブジェづくりをしました。
テーマは「蔓を使ったオブジェづくり」でしたが、半分の方はツルカゴづくり。やはり、オブジェづくりはちょっと難しかったようです。

奥はツルカゴ制作中、手前は見本作品
オブジェづくり

オブジェは自由なので色々の組合せが楽しい
オブジェづくり

植物を置くと、また違った感じに
オブジェづくり

カゴようでカゴじゃない!?
オブジェづくり

 

1月12日(日)「森の手入れ&ツルカゴづくり」を行いました (2020/01/20)

森に入っての蔓取りは初めての方が多く、楽しい反面、作業の大変さも知ったようです。そのかわり、蔓への愛着もひとしお。
やはり手作りカゴは味わいがあり、自然のままの形をうまく使って編むので、同じものがない1点ものです。

たくさんある蔓ですが、選択が難しい
森の手入れ&ツルカゴづくり

長い蔓を引っ張りますが…
森の手入れ&ツルカゴづくり

午後からは編む作業に入ります
森の手入れ&ツルカゴづくり

皆さん、大きさも形もまちまち
森の手入れ&ツルカゴづくり

こちらは芸術的な作品に仕上がりました
森の手入れ&ツルカゴづくり

 

◆◆◆白鳥情報◆◆◆(R2年1月2日現在)(2020/01/07)

コハクチョウ  約1,130羽
オオハクチョウ 約  15羽

〜「オオハクチョウ」と「コハクチョウ」の違い〜

コハクチョウ(クチバシの黄色い部分がオオハクチョウより小さい)
コハクチョウ(クチバシの黄色い部分がオオハクチョウより小さい)

オオハクチョウ(クチバシの黄色い部分が大きく、先が尖って三角形のような形)
オオハクチョウ(クチバシの黄色い部分が大きく、先が尖って三角形のような形)

コハクチョウ(オオハクチョウに比べ首が短い)
コハクチョウ(オオハクチョウに比べ首が短い)

オオハクチョウ(コハクチョウよりひとまわり大きい)
オオハクチョウ(コハクチョウよりひとまわり大きい)

白鳥撮影(斎藤 敏一氏)